東京キャリアフォーラムに参加者のための攻略法

就活
02 /26 2019
今回は私が東京キャリアフォーラムに参加した経験について書こうと思います。
特殊な就活ルートですので、ネット上にも情報が少なく、参考になれば幸いです。




その前に東京キャリアフォーラムとは何か簡単に紹介しようと思います。
(ボストンキャリアフォーラムは別の記事で触れます。)




1)東京キャリアフォーラムの概要

東京キャリアフォーラムとは夏と冬の年2回国際展示場で開催される、就活フェアのことです。
1年以上留学した4年生を対象にしています。(短期留学でも参加できます。)


夏は200社程度 参加者は6000人参加します。 7月開催
冬は70社程度 参加者は2000人参加します。  12月開催

なので夏の東京キャリアフォーラムのほうが大きいのです。
冬のキャリアフォーラムは規模は小さいですが、良い企業も来るので、チエックしましょう。


その場で1次、2次面接を行い、運がよければそのまま内定、もしくは最終面接への切符が貰えます。




2)私の東京キャリアフォーラムでの選考結果

私も大学3年生の夏と4年生の夏に参加しました。
3年生の夏は友人と見学がてら説明会に参加しました。
4年生では本番の面接にも挑みました。





下記が私の結果です。


総合商社→内定
独立行政法人→内定
メーカー1→内定
メーカー2→途中選考辞退
IT→途中選考辞退
製薬→ES落ち
内資コンサル→ES落ち


というのが私の結果です。



3)面接の流れ。


ES→1次人事面接、2次役員面接or別日程で3次面接。という形になります。

なので私の経験では、事前にES

1日目に1次面接
2・3日目に2次面接

後日 役員面接+3次面接

という感じになります。

その場で内定がもらえるケースも多々あるので、時間対効果はかなりおすすめです。
(ESの準備面接準備には共通してかなり時間を取られるかもしれませんが、一箇所で面接を受けれるメリットはかなり大きいです。)



4)選考を受けた感想。

面接は結構ラフなところが多いです。
最終面接は役員が来て、雑談というところが多いです笑。

”私は役員に留学頑張ったね”と言われました。
とても嬉しかった記憶があります。

面接官もよく話を聞こうとしてくれる人が多いです。(最終面接は厳しいところが多かったですが、、、)

留学を頑張った人や、就活の対策をしっかりした人は、結構簡単に内定をもらうことができます。


感想としては、どの企業も真面目に留学を頑張った人材を求めています。
自分の留学で学んだこと、どのように仕事に活かすか、留学で辛かったこと、英語がしっかりと話せることをアピールすると自ずと内定は見えてきます。


私は海外の大学に在籍していたので、志望動機を深く聞かれることは少なかったのかもしれません。むしろ向こう側が通してあげようとしているのを感じました。国内の学生は海外で学んだことや得た経験をより深く聞かれると思います。



5)内定をもらうための戦略



では内定をもらうためにはどうしたら良いでしょうか?





・必ず事前準備を

当日参加も可能なのですが、殆どの会社は事前にESで絞り込んだり、プレエントリーをしたりするので、当日だと参加できない会社が出てきます。なので開催の2ヶ月前には準備が完了している状態にしましょう。

WALKーIN(その場で空きがあれば、面接に参加すること)できますが、十分に対策しなければ少し厳しいです。

志望動機、業界、何故興味をもったかなど、その場では浅い回答しかできません。


私は腕試しに、WALK-INをうけたことがあります。

なんとなく、説明会に参加して、人事の人に、何も準備してないんですよーといったところ、

”大丈夫、空きがあるけど受けてみる?ぜひ受けてください。”

と受けてみたら


普通に、業界について、逆質問、志望動機と、準備してないと答えられないような質問ばかりでした。
興味のない会社でしたが、もちろん一次面接で落ちました笑。

面接官の時間も申し訳ないですし、なにより、面接時に何も答えられなく、少し恥ずかしかったです。








・英語の面接があるか下調べ。

一部の外資系は面接時にGD(グループディスカッション)を設けています。しかも英語です。
普通の個別の面接のときも面接官が、外国人の場合があります。

なので、英語の自信がない人は、避けたほうが無難ですし、英語の面接がある場合は、ある程度、自己紹介や常套句を覚えていったほうが楽です。
東京キャリアフォーラムのことはみん就にも載っていないので、できれば先輩や周りの友人に聞くほうが正確な情報が入ってくるかもしれません。









・必ず3年生の時に下調べを込めて、現地に行く。

時間がない方も多いでしょうが、東京ビッグサイトは結構複雑な場所です。
とても広く、駅から歩いて5分ですが、施設内は一番遠いと10分かかります。


ブースや説明会も結構独特で、特別なチケットが必要ですし、入場にも時間がかかります。
私は迷ってしまい2回面接に遅刻した経験があります。笑

4年生の就活本番の時に、万全を尽くすにも是非3年生の時に一度視察すべきです。
どのような企業が来てるか新しい発見が絶対あると思います!






・毎年来る企業は異なるので必ず事前にチェックする。

これは一番大切なポイントです。知ってる人は殆どいませんが、東京キャリアフォーラム・ボストンキャリアフォーラムに参加してる企業のラインナップは毎年変わります。去年は参加していたのに、今年は参加していない企業。新しくキャリアフォーラムに今年から参加する企業。キャリアフォーラムの参加をやめる企業。
なので学生の間では「今年は~の企業が来てないのか。残念。」等の会話が行われたします。

卒業するまでに第一志望の内定を欲しい方は、東京キャリアフォーラムに出展を取りやめた企業を受ける場合、国内の選考に参加するために、対策を練らないといけないことに留意しましょう。

山岡 功